移動販売・キッチンカーの失敗原因と成功させる4つのポイント

移動販売・キッチンカーの失敗原因と成功させる4つのポイント

お弁当やクレープ、たこ焼きなどさまざまな商品を販売できるのが魅力の移動販売ですが、近年、参入者が増加傾向にあります。移動販売は車とキッチンなどの設備を揃えれば比較的簡単に開業できますが、成功させるにはさまざまな工夫や対策が必要です。

そこで今回は、移動販売の主な失敗原因と移動販売を成功させる4つのポイントについてご紹介します。移動販売に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

移動販売の主な失敗原因

移動販売を失敗してしまう原因は主に4つあります。まずは、それぞれの原因について詳しく紹介します。

出店先・販売先を見つけることができなかった

出店場所はなかなか簡単には見つけることができません。そのため、キッチンカーを製作して、移動販売を行おうと思っても「出店場所を見つけることができなかった…」というケースは多いです。移動販売を行う場合、まずは出店場所を確保することが重要です。

キッチンカーにお金をかけすぎた

移動販売の初期費用の中で、車両費が最も費用がかかる部分です。そのため、キッチンカーを製作する際に、凝った内装にしたり、中古で済ませられるのに新車を購入してしまうと大幅に初期費用がかかってしまいます。このように、キッチンカーにお金をかけ過ぎてしまうと、初期費用が大幅にかかってローンを組むことになり、後々それが負担となってしまうことがあります。

客単価が低い

移動販売を開業する失敗例の1つに客単価が低いことが挙げられます。移動販売で販売できる商品はどれでも良いというわけではありません。移動販売では、客単価が1000円以下の場合が多いです。そのため、多く販売しなければ収益につながらず経営を続けられない可能性があります。

移動販売を成功させる4つのポイント

移動販売を成功させるためには、4つのポイントを意識することが大切です。最後に、移動販売を成功させる4つのポイントについて紹介します。

出店・販売場所を複数持っておく

移動販売は「移動できる」という強みを活かして、より広いエリアで販売することが成功するポイントです。固定店舗では、当然店舗を移動できないため、提供できるお客さんは限られてくるものです。しかし、移動販売では、出店場所の契約さえ取り付ければ、どこでも出店できるため、販売エリアが一気に広くなります。出店場所はネットでも簡単に探すことができるため、できる限り出店場所を複数持っておくことが重要です。

選ばれるメニュー開発を行う

移動販売を成功させるためには、他店に負けないような「看板メニュー」の開発が重要です。移動販売は、イベント会場で販売する場合、自分のお店だけでなく多くの競合店が出店します。そのため、他の競合店に負けないような独自性のあるメニューを開発することで集客につながります。また、独自性を考えるのと同時に、味や見た目、興味を引くメニュー名やキャッチコピーにすることもポイントです。

状況によってメニューを変える

移動販売は屋外での営業が基本です。気温・気候の影響をもろに受けるため、商品の売れ行きが1年の中でも大きく変動する商売です。そのため、天気や気温に応じてメニューを臨機応変に変える工夫をすると、よりお客さんのニーズにマッチしやすくなります。

また、季節に応じたメニューも限定で販売してみるのもおすすめです。例えば、普段はクレープを販売している場合、夏場はアイスドリンクも併せて販売するのも良いでしょう。このように、状況に合わせてメニューを柔軟に変えることは、お客さんのニーズに寄り添うことにもなるのです。

原価率は30%以下を目安にする

移動販売の売上を上げるためにも商品メニューの価格が一番重要なポイントです。基本的に、飲食業界では一般的に原価率は30%程度とされています。

原価率が30%以上になった場合、利益が取れない状況が続き、継続して運営が難しくなることがあるため注意が必要です。その要因として多いのが、食材をこだわり過ぎたり、ブランドがあるものを仕入れ過ぎたというケースが多いです。

どうしても原価率が30%以上かかってしまう場合は、販売価格を上げることも検討しましょう。ただし、販売価格もお客様が購入できるラインに設定しておくことがポイントです。

まとめ

今回は移動販売の主な失敗原因と移動販売を成功させる4つのポイントについてご紹介しました。

移動販売は店舗を開業するのと比べて比較的費用が少なく済みますが、その分成功させるためには事前の準備や計画がとても重要です。末永く移動販売を継続していくためにも、失敗原因や成功ポイントを抑えて、お客様に愛される移動販売のお店を作りましょう。

「ベラクルス」では、『本場タコス屋”PASTOR”』の移動販売をしております。『本場タコス屋”PASTOR”』は、横浜・横須賀市を中心に活動しており、車にはメキシコのカラフルなポンチョをかけたようなラッピングが目印です。

横浜・横須賀市周辺で、本場メキシコのタコスを食べてみたい方は、『本場タコス屋”PASTOR”』にお気軽にお立ち寄りくださいませ。