U.メキシコ料理知識集

     ”メキシコ料理”といっても本当にいろいろな種類があります。ここでは、少しでも多くのメキシコ料理
    を紹介できればと思っております。この後にも説明しますが、日本においてメキシコ料理は2種類存在
    しておりますが、本場のメキシコ料理について説明おります。

 @2種類のメキシコ料理って?
     前述でも書きましたように日本では2種類のメキシコ料理が存在します。本場メキシコ料理とTEX-MEX
    料理と言われるアメリカのテキサスから派生したメキシコ料理の2種類です。日本では、本場のメキシコ
    料理がほとんどがと思いきや、その逆で大半がTEX-MEX料理が占めております。だから、日本人の多く
    は本場メキシコ料理と思っているメキシコ料理は本場のものではないのです。メキシコ料理でありながら
    本場のメキシコ料理が知られていないというのは悲しい事実です。ここでは、主にどこが違うのかを説明
    していきます。

     ・トルティーヤ
         タコスを包む皮のことをトルティーヤと言います。このトルティーヤがメキシコの主食であり、これに
        いろいろ挟んだり、スープの中に入れたり、揚げたりといろんな形で食べます。このトルティーヤの
        材料が異なります。日本でよく見るTEX−MEXのトルティーヤは小麦粉で作られておりますが、
        本場メキシコのトルティーヤはとうもろこし粉で作っています。

     ・タコス
         タコスも違うのかと思っている方が多いと思います。そもそもタコスってどんなイメージですか?
        トルティーヤに肉やレタス、さらにトマトを挟んでいて、ヘルシーなイメージがあるかもしれません。
        しかし、これこそTEX−MEX風のタコスになります。本場のタコスは実はとてもシンプルです。
        単純にトルティーヤにお肉と香草(シラントロ)にメキシコでいうリモン(若干違うが日本のライム)を
        絞って、さらにサルサ(ソース)をかけて食べているだけです。

      挙げるとキリがないのですが、結論からするとやはり本場メキシコ料理の方が美味しいと思います。
      日本食でいれば、お寿司もアメリカライズされたお寿司よりも本場のお寿司が美味しいということです。
      じゃ、どうして日本ではTEX-MEX料理の方が普及しているのかと言うと考えられることとして、日本が
      アメリカの影響が大きく、最初にTEX−MEX料理から普及していったことと本場メキシコ料理で使用
      するメキシコ食材が日本で揃いにくいというのがあると思います。そこで、作者としても日本で本場
      メキシコ料理の普及に貢献したいという思いからメキシコ食材販売業を始めました。

本場のメキシコ料理を日本で食べたい方はこちら→

メキシコ食材を購入したい方はこちらへ→

A本場のメキシコ料理のこれがオススメ!
    日本ではなかなか食べられない本場のメキシコ料理ですが、オススメのものを紹介していきたいと思います。

〜フード編〜

〜ドリンク編〜

〜デザート編〜